ペンの線

カッパ―

美しい文字を美しく(近づけるよう)きちっと書くのが好きです。
でも時々腕を自由に動かして気ままな線を書きたくなります。
ぐるぐる、ぐるぐる、
シュワッ!フルフルル!?
ん~♪キモチいいのぉ。
そんな線が入った作品を作っています。

カリグラフィー和紙作品3

掛け軸風、タペストリー風作品です。
月夜を想って書かれたパウル・クレーの詩です。

ベースは紺の民芸紙。
ローラーで黒のアクリル絵の具を塗ってあります。
上に重ねた修復和紙(典具帖紙)が人が通ると起こる風で
ゆらゆら揺れていい感じです。

2013和紙作品7  2013和紙作品9

四角の中にぎゅっと文字を閉じ込めました。

カリグラフィー和紙作品2

チョコレートの包み紙?作品の向こう側は
ファウンデーショナル体のバリエーションで詩を書きました。
天地余白なし、左に十分な余白をとったレイアウトです。

2013和紙作品4

右手にペン、左手にティッシュを握りしめて
何文字か書いてはペン先ふきふき。
紙の上をなぞるように書いていきます。
それでもペンの角で繊維を引きずってしまい、、、
カッターでカリカリ削って。。。だってもう書けない~

2013和紙作品5

ほんとうは色違いでもう1枚づつ書いたんです。
背中合わせに貼っていたので会場で居合わせたお客様には
ひっくり返してお見せしました~

カリグラフィー和紙作品

作品展が終了しました。
おいでいただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました。
初めての会場でしたが多くの方に見ていただけてたいへんうれしく思っております。
ほんとうにほんとうにありがとうございました。

1か月前、にじんで引っかかって涙流してた!?作品も
なんとかお披露目できました。

2013和紙作品3

手前の作品は四角の周りにカッパープレート体を書き
四角の中でラインを絡ませてみました。

2013和紙作品6

“チョコレートの包み紙みたい”
ほんまやねぇ。

作ってます!

作品作成中

板のように厚い和紙を見つけました。
表面は幾分ツルツルしているようにも見えますが触ってみると
デコボコ感もざらざら感も十分感じます。
文字を書くには筆は問題ないでしょう。ルーリングペンも大丈夫かもしれません。
でもミッチェルではどう?ということで
書いてみたくなりました。

2013和紙作品1

にじみはにじみ止めで解決!でも…
わっ!
ペン角で和紙の繊維を引っぱって線がふとくなっちゃう~
デコボコのところでペンが思うようにコントロールできない~
絵の具の出かたで文字線が太くなったり細くなったり…

2013和紙作品2

ほんまに作品できるのかなぁ。。。
プロフィール

Author:kitamin
「手で作る」ことがすき。
カリグラフィーやカード作りを中心にくすくすな日々を過ごす。

+++++
ブログに掲載されている画像、文章すべての内容の無断転載、
ご使用はご遠慮ください。
+++++

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR